コンセプト

フリーペーパー「なんと」

2007年1月。
京阪神や徳島市内だけではなく、地元にも遊びや買い物の楽しいスポットがあることを知ってほしい、という思いからフリーペーパーの「なんと」を創刊いたしました。

ちなみに「なんと」の名前の由来は・・・
・徳島県の県南地域「南都」を紹介する情報誌、という考え方
・「なんと!」ビックリ!な情報を載せていきたい、という考え方
・「何と?」な疑問を解決してくれる情報誌だ、という考え方
・・・などなど、全てが正解なのです。

「一つの形にとらわれず、様々な見方で楽しんでほしい」という思いからついた名前です。

そんな「なんと」も発行から6年目を迎えました。
これからも、広告主様や読者の方からの情報も大切に、「なんと!」な情報をお伝えしていければと思っています。

徳島県南ポータルサイト「なんとPlus」

2011年7月。    
電子ブック版「なんと」を正式に運用し始めました。
PCはもとより、近年爆発的に利用者が増えてきているスマートフォン、タブレット利用者に対応するためです。
これはアナログ(紙)からデジタル(電子ブック)へ世の中が変化する昨今、避けて通れない道でもあり、40年以上続く印刷会社にとって新たな挑戦でもありました。

そして2012年3月。
電子ブックを始めとする多種多様な情報が盛り込まれた「なんとPlus」は産声をあげました。

県南地域の方の利用はもちろん、webの力を通じて地元以外の方に県南地域を知ってもらいたい。
そのために、フリーペーパー「なんと」に「Plus(プラス)」アルファの価値を。

「なんとPlus」は未知の可能性を秘め、始動いたしました。

WEBチラシ

おみやげパンフレット2019-1

美波のお土産

2019.12.17(火)~1.31(金)

おもてなしセミナーアイキャッチ

四国の右下観光局 おもてなしセミナー

2020.1.1(水)~2.7(金)

アイキャッチ

節分祭

2020.2.2(日)

節分祭

海陽町教育委員会_人権コンサートA4チラシ-1

Hanna Bunya 人権コンサート

2020.2.2(日)

19fw_other_0124_chirashi

UNIQLO

2020.1.24(金)~1.30(木)

ページのトップヘ